P00_1950
ROBOT魂 ジプシー・アベンジャーのレビューです。
P00_1913P00_1914
全身。約2500円と格安ながらサイズは通常のROBOT魂より大きく造形塗装なども特別見劣りするような部分は無し。
P00_1924
顔。曲線的だったジプシーデンジャーに比べ各部シャープになり普通のロボットアニメに出て来そうなデザインに。
P00_1920P00_1921
バイザー部分はメタリック塗装。ディテールなどもしっかりしてました。
P00_1927
各部位など。胸部中央のオレンジはクリアパーツ。青は成型色ですが暗めの色なので質感は悪くなくマーキングなども正確。
P00_1928
腰回り。
P00_1917P00_1918
同じ系統の機体だけありこの辺のデザインはジプシーデンジャーによく似ておりいろもほぼ同じ。
P00_1931
背中。腰裏のカバーを外すとスタンド穴もあり。
P00_1943
可動は首腰のスイング幅はそこそこで肩はアーマーが干渉して水平までは上がらず。肘膝は二重関節で深く曲げることが。
P00_1945
股関節は前後横に広く動き接地性も良かったです。ただ腰が腹部と胸部の間の部分しか動かなかったのは残念。
P00_1947
なお今回股関節はかなり特殊な作りになっており基部ごと左右にずらすことが可能。
P00_1911
オプション。
P00_1937
チェインソード。こちらは左前腕と交換して使用。ついてるのは左腕用のみでした。
P00_1938
グラヴィティスリング。こちらは右腕と交換して使用。
P00_1940
造形は精密でクリアパーツも使われてるなど凝った作りに。
P00_1934
安めの値段ながらサイズは普通のROBOT魂よりかなり大きめ。
P00_1950
適当に何枚か。
P00_1954
可動は概ね良好ですが肩アーマーが干渉しやすいのと腰可動部が上の方なので動きによっては多少窮屈なことが。
P00_1957
足首が大きめなので安定感は高かったです。
P00_1961
脚は高く上がり片足立ちも可。
P00_1963
チェインソード展開。
P00_1966
予告では両腕で使ってたので片方しか付かなかったのはちょっと残念。
P00_1969
なお腕部分の造形が異なるので2個買っても両腕に取り付けることは不可。
P00_1975
グラヴィティスリング展開。股関節周りは非常に良く動くので膝立ちも余裕。
P00_1980
攻撃。
P00_1977
予告では電撃鞭のような攻撃をしてたので魂エフェクト青雷を使用。
P00_1982
同時発売のソフビ魂ライジンと対決。
P00_1990
今回平手を拳で叩くポーズを再現する為か平手は左右共に角度付きになってました。
P00_1992
終わり。以上、ROBOT魂 ジプシー・アベンジャーのレビューでした。

普通のROBOT魂に比べかなり安めな価格ですが、サイズは平均的な物よりだいぶ大きい上に造形塗装や質感などのレベルも変わりなく、マーキングまで再現されてたりとかなりお得感の高い内容になってました。
可動は肩アーマーの干渉や腰が回る位置など若干癖はあったものの特別悪い箇所はなく、オプションもソードが片方のみなど完璧ではなかったですが、値段も考えれば納得いく仕様で特別大きな不満は無かったです。
映画の公開はまだちょっと先ですが予告などを見てデザインが気に入った人ならなかなかオススメです。

超合金魂 GX-80 万能戦艦 Ν-ノーチラス号(早期予約特典付)、METAL ROBOT魂 武者頑駄無など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE JAEGER〉ジプシー・アベンジャー

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE JAEGER〉ブレーサー・フェニックス

ソフビ魂 ライジン(あみあみ)