メタルコンポジット ウイングゼロ EW レビュー
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムゼロ(EW版)のレビューです。
P00_1307
全身。メタコンシリーズらしく体型は癖のないバランス。ただアレンジはかなり強めで色やマーキングも派手。
P00_1310
後ろ。ウイングは大きいですが本体がダイキャスト中心なので自立は問題なし。
P00_1323
顔。造形はシャープかつ精密。マスクのスリットや各部のスミイレなど塗装も正確。
P00_1319P00_1318
目はいつも通りメタリック塗装。メインカメラなども同様。
P00_1329
下からも。マシンキャノンはそのまま開閉可能。
P00_1325
各部位など。胸部センサーはクリアパーツ。色はつや消しのメタリック塗装であちこちマーキングもびっしり。
P00_1327
腰回り。青は濃淡2色が使われてました。
P00_1313P00_1315
腕や足。白部分もパネルラインのように2色使用。四肢は細めですが肩は大きめで力強さも兼ね備えた体型バランスに。
P00_1338
背中。
P00_1343
ウイングも全てつや消しになってるので落ち着いた質感に。
P00_1342
可動部分はかなり多く派手に展開可能。小羽もそれぞれボールジョイント可動。
P00_1907
小さいウイングも展開可。
P00_1347
ウイングは裏側も凝った造形に。
P00_1350
小ウイング基部にはビームサーベルを収納。
P00_1411
また接続部裏側から大ウイング基部の位置をずらせるようにもなってました。
P00_1361
可動は全体的に良好で首腰共に大きくスイング可能。肩も高く上がり肘膝も深く曲げることが。
P00_1362
股関節は引き出し式で前後横に広く動き接地性も良好。ただ腰の回転は30度程でいまいち。
P00_1365
サイトアーマー基部は変形の都合で引き出すことが出来干渉を避けられる作りに。
P00_1367
バスターライフル両手持ちに配慮してか肩関節は90度程引き出し可能。
P00_1299
オプション。
P00_1302
ツバーク関係一式。
P00_1297
スタンドや武器補助パーツ一式。
P00_1371
ツインバスターライフル、シールド装備状態。
P00_1373
ツインバスターライフル。こちらは連結状態。
P00_1383
分離ギミックなどは他の立体物と大体同じ。今回は保持を補助する為のライフルジョイントも付いてました。
P00_1377
分離状態。
P00_1379
シールド。今回は敗者たちの栄光で追加されたシールドも付属。デザインはTV版ウイングゼロと似た感じで色が青メインに。
P00_1380
裏側。先端が伸縮するギミックは無かったです。
P00_1385
シールドと同じく敗者たちの栄光で追加されたメッサーツバークも付属。
P00_1388
こちらは3挺をグリップ付きジョイントに合体させたドライツバークや、
P00_1394
ツインバスターライフルに合体させたドライツバークバスター、
P00_1395
6挺をツインバスターライフルに合体させたドライツバーク×2(ドッペルト)として使用可能。
P00_1390
それぞれかなりの重量になりますがこちらも補助ジョイントが使えるので片手で保持可能。
P00_1399
3挺ずつジョイントにセットしシールド両サイドに付けシールドツバークとして使うことも可。ただこちらはジョイントは無し。
P00_1567
またツバークホルダーに6挺付けて腰にマウントすることも可能。
P00_1568
裏側。接続は腰裏下のカバーを開いた所にするのでスタンド穴もそのまま使用可。
P00_1570
基部は複数ヵ所動くので腕やウイングなどとの干渉も避けることが出来る作りに。
P00_1441P00_1442
他の立体物と同じく大気圏突入モードも再現可能。こちらは基本的にウイングで本体を覆うだけ。
P00_1415
続いて今回オリジナルのZEROモード。Ver.Kaなどによくある各部の装甲が展開した形態。
P00_1416
後ろ。
P00_1426
頭部は耳部分を差し替え。
P00_1429
胸部は中央のパーツを引き出し、センサー下部を下げて展開。
P00_1432
腰アーマーはフロント、サイド共に展開。
P00_1420P00_1421
腕部は肩と前腕横装甲、脚部はふくらはぎを展開。
P00_1435
ふくらはぎ展開部分。
P00_1449
続いてネオバードモードへの変形。こちらはTV版などと同じように膝や足首を折り畳み。
P00_1451
サイドアーマーは内部の小羽を出して基部を引き出し位置を後ろ側に。
P00_1453
バックパックを引き出し腰裏に接続。
P00_1457
大ウイングのアームを腕の前に出し、小ウイングのアームを引き下げ。肩アーマーを引き下げ、腕横装甲を180度回転。
P00_1460
シールド裏側のパーツを引き出し180度回転。
P00_1463
背中に接続し頭部を隠すようにセット。
P00_1467
ライフルは後部を折り畳みシールド横のジョイントに接続。
P00_1469
腰前部分のパーツをずらしてスタンドを差す為の穴を露出。
P00_1472
スタンド支柱はバードモード用の物に交換。
P00_1487
ネオバードモード(大気圏外モード)完成。
P00_1489
後ろ。バスターライフルやシールドの位置などはTV版ウイングゼロと似た感じに。
P00_1494
横から。全長はかなりありますがライフルと膝が畳めるおかげでシルエットはまとまった感じに。
P00_1495
裏側。
P00_1522
主翼を展開した大気圏内モードも再現可能。
P00_1524
こちらはウイングが開いて全体のシルエットもTV版ゼロに近い感じに。
P00_1530
横から。
P00_1519
裏側。
P00_1515
なお大気圏外、大気圏内モード共にツバークも装備可能でした。
P00_1555
取り付け位置はMS形態と同じ腰裏。
P00_1357
スケールは1/100でメタルビルドなどと並べても違和感なし。
P00_1356
MGゼロカスタムとも。プロポ―ションは癖の無い感じですがMGが古いこともあり並べると結構違ってました。
P00_1501
適当に何枚か。
P00_1509
ネオバードモードから。
P00_1538
専用の支柱が付くおかげでこちらの形態での展示も安定。
P00_1543
縦横かなり長くなるので置き場所は結構取ります。
P00_1444
大気圏突入モード。
P00_1575
MS形態に変形。ウイングが凝った造形になってるので劇中に近い生物的なシルエットに。
P00_1752
マシンキャノン発射。見慣れないシールドも色が合ってるせいかあまり違和感は無かったです。
P00_1733
ビームサーベルはいつもと同じ緑色。腰が30度くらいしか回らなかった点はちょっと残念。
P00_1649
ローリングバスターライフル。
P00_1655
通常のツインバスターライフル。連結両手持ち用の補助ジョイントも付きますがこの持ち方なら無くてもほぼ安定。
P00_1673
ドライツバーク×2(ドッペルト)。ツバーク全部載せのこの状態はかなりのボリュームに。
P00_1689
ドライツバークとバスターの同時撃ち。補助ジョイントのおかげで片手持ちも安定。
P00_1723
シールドツバーク。
P00_1768
ZEROモードに変形。
P00_1796
こちらは開いた装甲が閉じやすいので動かす時は気を使う感じに。
P00_1810
MG νやサザビーのVer.Ka、PGユニコーン、MBクアンタなど最近流行ってる感じの装甲展開ギミック。
P00_1816
こちらでもビームサーベル。
P00_1841
終わり。以上、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムゼロ(EW版)のレビューでした。

元々がカトキハジメデザインということでか今回はメタルビルドではなくGFF METAL COMPOSITEシリーズで発売。
出来の方はプロポーションは大きなアレンジは無く劇中のイメージに忠実ですが、ディテールは非常に精密で、このシリーズの中では高めな部類なだけあり塗装やマーキングも凝っており、敗者たちの栄光での武装や変形ギミック、更に今回独自のZEROモードなどかなり中身の濃い内容になってました。
ウイングゼロカスタムは昔から人気が高く立体化も多いので特別なのかもしれませんが、個人的にはゴッドやダブルエックスなんかのこういう完成品もいつか出して欲しいところです。

【受注販売】METAL BUILD ガンダムF91 (ハリソン・マディン機)【2次:2018年6月発送】など(魂ウェブ商店)



METAL BUILD マジンガーZ

METAL BUILD アーバレスト Ver.IV

METAL BUILD レーバテイン Ver.IV(あみあみ)