ULTRA-ACT × S.H.フィギュアーツ ULTRAMAN SUIT ver 7.2 レビュー
ULTRA-ACT × S.H.Figuarts ULTRAMAN SUIT ver 7.2のレビューです。
P00_7037P00_7041
全身。マンと同じく原型の面影を残しつつ機械っぽくなったデザイン。すらっとした体型なども作中のイメージ通り。
P00_7061
顔。頭頂部などは元のセブンに近いですが目はバイザーになりだいぶ違った感じに。
P00_7057P00_7053
バイザーはクリアパーツで内部の目がうっすら透ける仕様。
P00_7064
各部位など。マンよりもディテールが増えて精密感のある見た目に。赤銀共に落ち着いた質感で見栄えも良好。
P00_7066
腰回り。
P00_7043P00_7045
腕や足。この辺のフォルムもエッジが立ってて複雑なディテールも相まって格好良かったです。
P00_7070
背中。
P00_7090
可動はマンより進歩しており肩が引き出し式に。腰も少しスイング幅が増してました。
P00_7095
肘膝も良く曲がり股関節も引き出し式で前後左右広く動き足首も引き出し式でデザインの割に接地性も並程度を維持。
P00_7196
肩は2段階引き出せるようになっており様々な動きに対応出来るようになってました。
P00_7034
オプション。
P00_7071P00_7077
スペシウムソードを装備した状態。
P00_7082
鞘用の持ち手も付属。
P00_7255
ジョイント部は数段階可動するようになっており色々な持ち方に対応。
P00_7085
抜いた状態。刀身は薄く細いので破損に注意した方が良さそう。
P00_7088
アイスラッガー。こちらも専用の持ち手が付属。
P00_7078
ウルトラマンと。サイズは今回の方が若干大きめでした。
P00_7103
適当に何枚か。
P00_7110
肩の引き出しなど可動はかなり優秀なので両手持ちも楽に。
P00_7123
腰が大きく反れるので振りかぶるような動きも自然に。
P00_7124
斬り下ろし。腰もしっかり回すことが可能でした。
P00_7148
やや角度は選ぶものの膝立ちも問題なし。
P00_7178
アイスラッガーは専用の持ち手がありますが若干外れやすかったです。
P00_7159
接地性はそこまで良くはないものの大きく足を開いても倒れたりすることはほぼ無し。
P00_7217
素手による戦闘データも取らせてもらうぞ。
P00_7184
肩が上方向にも引き出せるので作中の持ち方もほぼそのまま可能。
P00_7225
終わり。以上、ULTRA-ACT × S.H.Figuarts ULTRAMAN SUIT ver 7.2のレビューでした。

以前のマンより複雑なデザインのスーツですがクリアのバイザーから透ける目や各部のディテール、プロポーションなど原作のイメージを重視した作りになってて非常に格好良かったです。
可動も原作で刀を両手持ちしてる場面が多いからか肩は引き出し式に作り直され、他も大体並程度かそれ以上には動くのでほぼ原作に近い動きをさせることが可能で内容的にも充実してました。
最初のがわりと売れてたっぽいわりに扱いは限定のみになるようですがACEも発売が決まってるのでそちらも楽しみです。

SULTRA-ACT × S.H.Figuarts ACE SUIT、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーJ、スーパーサイヤ人孫悟飯など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ ゴルドドライブ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーW(ダブル) サイクロンジョーカー(あみあみ)