1/100 ガンダムバルバトス レビュー
1/100 ガンダムバルバトスのレビューです。
P00_3214P00_3216
全身。プロポーションはHGより若干マッシブになった印象。色分けも増してますがまだシールも多くHGの拡大版といった作り。
P00_3028
顔。HGと違ってマスク部分のグレーが色分けされるように。ただアンテナは黄色一色のままでシールも付属せず。
P00_3026P00_3025
顔立ちなどは特にHGと変わらないですが今回はツインアイも色分けされるようになりシールも無かったです。
P00_3031
下からも。なおマスク部分がが外れやすくパーツも小さいのでフレーム状態に興味ない人は接着した方が良いかも。
P00_3034
各部位など。胴体の色分けもHGと同じで中央のマークはシールでした。
P00_3224
腰回り。サイドアーマーはシールだったHGと違って色分け。
P00_3239P00_3221
腕や足。HGと異なりふくらはぎの黒は色分けされてますが肩の黄がシールだった点は残念。また太腿の黒はシールもなし。
P00_3038
背中。HGと同じく左右2か所に武器装備用の穴。腰にも穴がありますが今回は特に使い道なし。
P00_3077
中央のスラスターは可動式。
P00_3073
可動もHGに近いですが肩アーマーが独立可動するので付けたままでかなり上げることが。なお今回も前への引き出しは無し。
P00_3076
他は足首と腰の回転に制限が出来てそこだけHGより少し劣ってましたが肘膝などはほぼ同じでした。
P00_3238
腹部はきちんとシリンダーギミックが再現されるようになったので腰の捻りは前後左右ともに向上。
P00_3010
オプション。
P00_3048P00_3045
背中に滑空砲と太刀を装備した状態。取り付け方はHGと同じジョイントを使う形式でした。
P00_3052
滑空砲はHGと違って差し替えなしで収納形態から砲撃形態にすることが可能。ただアームや基部の黒いカバーは差し替え。
P00_3055
展開した状態。HGのオプションセットと同じく白がシールでの再現だったのは残念でした。
P00_3058
背中との接続アームも長短2種付く点などHGと同じですがこちらは接続部のボールが両方可動するなど出来は少し向上。
P00_3049
太刀。こちらもHGと同じく単色。なおHGに付属したメイスは付いてなかったです。ガントレットはグレイズに付くとか。
P00_2986P00_2988
続いてガンダムフレーム状態。
P00_2999
顔。今回はこちらも正式にギミックの1つとなってるようでフレーム形態時用のアンテナが付属。
P00_2997P00_2995
マスクも外すことが可能。
P00_3004
各部位など。胸部や股関節、足など一部に貼るフレーム用の金シールも付属。
P00_3006
腰回り。この辺もHGの時より自然に。
P00_2991P00_2992
腕や足。手首や足首も完全に外装を外した状態にすることが出来るように。
P00_3008
背中。リアアーマーにも金のシール。
P00_3233
1/100スケールなのでサイズは一般的なMGと変わりなし。ただMGに比べると精密感には差が。
P00_3230
HGとも一応。並べてみると結構体格差が。
P00_3088
適当に何枚か。
P00_3104
滑空砲は可動式になったので劇中通りの展開シークエンスを再現出来るように。
P00_3109
1/100なので重量は増してますが元々軽い武器で背中のアームもあるので肩が負けるようなことはなかったです。
P00_3120
HGと同じく接地性は非常に高いので足を大きく開いた状態での構えも安定。平手が付くので両手も自然に。
P00_3155
滑空砲はアームで接続されてるので動きは多少制限。内側へは向けやすいですが外側へ向けるのは少し苦手。
P00_3127
また今回アクションベース用のジョイントが付かないのでアクションベース付属の物を使う必要があり少し面倒。
P00_3143
膝立ちも可。最近は青いグレイズの肩を装備してるのが標準なのでそちらも付けてくれたら良かったんですが。
P00_3156
太刀に交換。
P00_3177
肩周りはHGとほぼ同じなので両手持ちも楽に。腰はそのままだと30度くらいですが少し浮かせれば90度曲げられました。
P00_3189
多少角度は選びますがHGでは不可能だった肩アーマーを付けたままでの大上段も可能に。
P00_3198
斬り下ろし。こちらもHGと同じで前への引き出しは無いので両腕を伸ばして保持はギリギリでした。
P00_3203
ガントレットがないので第1形態の再現は無理ですが一応肩アーマーを外した状態でも。
P00_3209
第4形態では太刀メインになるのかもしれませんがここまでのメイン武器のメイスが無かったのはやはり残念。
1/100 バルバトス レビュー
終わり。以上、1/100 ガンダムバルバトスのレビューでした。

肩の黄色や太腿の黒など色分けは少し気になる所はありましたが、フレームのギミックなどはHGより更に進歩して完全な状態で再現出来るようになってるなど1/100は1/100で独自の魅力がある内容になってました。
可動も腰の回転と接地性はHGより少し劣ってましたが肩の構造はHGより更にグレードアップしてアーマーを付けたままでも広く動き、滑空砲の展開ギミックが再現されるようになった点なども良かったです。
ただ正直今回の主な見所はフレームくらいでこのサイズで肩や滑空砲がシールだったりメイスも付かないなど不満点も多かったので出来ればもうちょっと頑張って欲しかったところです。

PG ユニコーンガンダム(最終決戦Ver.)、MG V2ガンダム Ver.Ka用 拡張エフェクトユニット光の翼など(プレミアムバンダイ)



1/100 ガンダムバルバトス

1/100 グレイズ(一般機/指揮官機)

1/100 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)般機/指揮官機)(あみあみ)