フィギュアーツ タイプフォーミュラ レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラのレビューです。
P00_1011P00_1013
シールなしで全身。塗装はされてるのでそこまで極端には変わらないですが劇中の印象に比べるとかなり地味め。
P00_1019
これはこれで良いという人もいそうですが肩や胸部などはやはりだいぶイメージと異なります。。
P00_1020
付属するシール。ガイドとして本体デザインもプリントされてるので多く見えますが貼る枚数はわりと少なめ。
P00_1986P00_1983
貼った状態。フォーミュラは根本的に車被ってるみたいでダサいというのはありますがこれでほぼ劇中通りの見た目に。
P00_2003
顔。レーサーのヘルメットを模したデザインで複眼はクリアパーツのバイザーに隠れた状態に。
P00_2000P00_1995
後頭部はリアウイング状。頭部は貼るシールはなかったです。
P00_2007
上から。貼ると肩や胸部がかなり賑やかに。
P00_2012
各部位など。レーシングカーを被ってるようなかなり奇抜なデザイン。
P00_2016
腰回り。ベルトやホルダーはこれまでと共通。
P00_1991P00_1992
腕や足。前腕にタイヤが付いてるのが特徴。体の横を通る赤白のラインは元からプリント。
P00_2027
前腕のタイヤのマーキングも最初からプリント済み。
P00_2022
左腕にはいつも通りシフトブレス。
P00_2033
肩は動かなそうに見えますが基部がヒンジ可動するので他と大差なかったです。
P00_2019
背中。こちらもリアウイング状に。
P00_1978
オプション。
P00_2056
胸部先端を交換することでエンジン露出状態を再現可能。
P00_2037
トレーラー砲とシフトカー。こちらはトレーラーモード。
P00_2039
グリップ部分はスライド式でトレーラーモードと大砲モードの切り替えが可能。
P00_2044
またパーツはバラせるようになっておりシフトカーの装填も可能でした。
P00_2341
シフトカー装填状態。ただスピードやワイルドなど劇中使われた物は商品化されておらずFULL表示もシールなので中途半端。
P00_2049
基本フォームと中間2種で。素体は共通なのでサイズはこれまでと変わりなし。
P00_2336
映画ではトライドロンにも乗ってたので一応。ギリギリ座れましたがドアを閉めると体がずれ当然屋根も被せられず。
P00_2079
適当に何枚か。
S.H.フィギュアーツ タイプフォーミュラ レビュー
肩はヒンジになってますがそのままでも腕は垂直くらいまでは上げることが。
P00_2097
ダッシュ。腰はいつも通り45度ほど回転可能。
P00_2119
パンチ。肩は配慮された作りになってますが胸はどうしようもないので腕を内側へ曲げる動きは苦手。
P00_2122
キック。また腕のタイヤも干渉しやすいです。下半身の作りは他との違いはほぼないので可動も同じでした。
P00_2146
胸部を交換してメンテナンス姿勢。
P00_2151
4号でやってたフォーミュラドロップ。
P00_2195
腕のタイヤはそのままですが爆発を発生させてた技。
P00_2217
トレーラー砲は劇中通り両手持ちが可能。
P00_2236
トレーラーインパクト。胸と干渉しやすくやや窮屈ですが実際に劇中でもそんな感じだったので特に問題なし。
P00_2289
魔進チェイサーと対決。
P00_2312
エフェクトは魂エフェクトWAVEから。
P00_2329

フィギュアーツ タイプフォーミュラ レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダードライブ タイプフォーミュラのレビューでした。

正直シール形式は面倒で将来的にベタついてきたりしないかという心配もありますが、きっちり貼ることで複雑なデザインを忠実に再現することが出来てほぼ劇中のイメージ通りの姿にすることが可能でした。
劇中使用されたシフトカーが付かない点は惜しかったもののトレーラー砲のギミックやエンジンの露出などが再現されてたり、可動も肩など配慮された作りになってるので特殊なデザインのわりによく動くなど作り自体も良かったです。
あとは映画の特殊なフォームなどを除くとタイプトライドロンでコンプなのでそちらにも期待です。

S.H.Figuarts 仮面ライダー龍騎サバイブ&ドラグランザーセット、スカウト・トルーパー&スピーダー・バイクなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド

S.H.フィギュアーツ ファイヤー

S.H.フィギュアーツ キャプテン・ファズマ(あみあみ)