ヴァリアブルアクション アレイオン レビュー
ヴァリアブルアクション アレイオンのレビューです。
P00_7641P00_7648
全身。大部分はスレイプニールの流用ですが後継機だけあり胸部や肩、太腿などは新しく。脚部安定翼は完全新規。
P00_7661
顔。こちらはスレイプニールと全く同じ。
P00_7659P00_7657
そちらと同じく中央の分割線が残念ではあるものの塗装などは正確でした。
P00_7667
各部位など。胸部はフレームが露出した状態だったスレイプニールとことなりきっちり装甲で覆われた形に。
P00_7670
腰回り。この辺は変わりなし。
P00_7651P00_7652
腕や足。肩アーマーはシンプルな形に変更。腕部は特に変わりなし。脚部は太腿の形状のみ変わってました。
P00_7678
脚部安定翼はスレイプニールの物より小型になり接続もボールジョイントに変化。
P00_7673
背中。ここは変更点なし。
P00_7638
オプション。
P00_7684
スレイプニールと同じタイプのスタンドも付属。
P00_7696P00_7698
安定翼を走行形態にしてグレネードランチャーを持たせた状態。
P00_7682
安定翼の変形は今回も一旦バラバラにして差し替えパーツを使って形を変える方式でした。
P00_7689
走行形態では跳ね上がったようなシルエットになり中央部が差し替えパーツにより可動化。
P00_7708
ホバー形態。スレイプニールと名前は同じですがこちらはX字に広がったシルエットで見た目は大きく変化。
P00_7710
後ろ。
P00_7704
走行形態からホバー形態は可動部を利用して角度などを変えるだけなので差し替えの必要はなし。
P00_7716
サブマシンガン。こちらはスレイプニールと全く同じ。ただ成型色が少し薄くなってました。
P00_7715
グレネードランチャーも変わらず。なお今回はそれぞれ2丁付属。
P00_7726
コンバットナイフ。こちらも変わらず。
P00_7727
ハンドガン。こちらは新規で成型色も違う色に。
P00_7721
ライフル。こちらも新規。持ち手は他と共通でがっちり握れないので左手で支えるのが必須。
P00_7723
バイポッド基部は可動式。閉じた状態と開いた状態の2種が付属。
P00_7694
スレイプニールと。ちょくちょく異なる部分はありますが作り自体はほとんど変わりなし。
P00_7738
適当に何枚か。
P00_7746
関節などは共通なので可動に関してはスレイプニールと変わりなし。
P00_7797
グレネードランチャーは2丁付属。アレイオンが2丁持ちするイメージはないので1つはスレイプニールに使わせても良さそう。
P00_7815
ナイフ。安定翼は走行形態からホバー形態が差し替えなしで行えるのでかなり楽になってました。
P00_7840
肩はスレイプニールと同じく引き出し式なので両手持ちも楽に。
P00_7827
スタンドもスレイプニールと同じで安定感があって使い勝手良かったです。
P00_7860
ライフル構え。膝立ちも問題なし。
P00_7893
一応2期後半では連携で敵を撃墜したりしてましたがアレイオンが単独で活躍したことはほぼなかった気が。
P00_7843
ハンドガン。追い込まれた時などに苦し紛れで使ってた印象。
P00_7765
スレイプニールと並べるとなかなか臨場感出る感じに。
メガハウス アレイオン レビュー
終わり。以上、ヴァリアブルアクション アレイオンのレビューでした。

胸部や肩、太腿など一部デザインは変わってるものの関節など基本的な作りは同じなので出来に関しては先に出ていたスレイプニールとほぼ変わりなし。
スレイプニールと同じく頭部の分割は惜しかったですが、特徴的な緑っぽいカラーリングは見本写真より劇中に近く、脚部安定翼も完全新規で扱いやすくなっており武装も増えてたりとバリエーション物ながら色々見所のある内容になってました。
劇中の活躍の無さもあって単独ではあまり魅力のない機体ですが、スレイプニールと並べると互いに引き立つ感じのディスプレイが出来るのでそちらが気に入ってた人ならこちらもなかなかオススメです。




ヴァリアブルアクション 「アルドノア・ゼロ」 KG-7 アレイオン(宮沢模型流通限定)

ヴァリアブルアクション 『楽園追放 -Expelled from Paradise-』 ニューアーハン

アルドノア・ゼロ KG-6 スレイプニール