メタルビルド 天ミナ レビュー
METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム 天ミナのレビューです。
P00_3315P00_3318
マガノイクタチなしで全身。
P00_3334P00_3336
装備。光沢強めな黒と一部がメッキのフレームの金が非常に派手。プロポーションは特にアレンジはなく自然なバランス。
P00_3352
顔。フェイスが奥まっていたり額にモノアイがあったりとこれまでの主役機中心だったメタルビルドとは異なる奇抜なデザイン。
P00_3346P00_3349
目は青のメタリック塗装。曲線的なフォルムも美しく赤部分の塗り分けなども正確でした。
P00_3369
上から。
P00_3357
下からも。頬の横に伸びたパーツは可動に配慮して上下に可動。
P00_3361
各部位など。体型バランスは普通。脇腹など本来グレーの部分も他とのバランスを考えてか明るめの色に。
P00_3362
腰回り。金部分は通常のメタリック塗装とメッキの2色使われておりより派手な見た目に。
P00_3339P00_3341
腕や足。右腕はブリッツの物なので金部分はなく関節も紫に。脚部は膝周りなどやや太めで力強い印象。
P00_3367
左腕はフレーム剥き出しで肩の天の文字も含め特に主張が強い部分。金が2色使われてるので立体感も強調されてました。
P00_3371
足裏のディテールもきっちり。足はヒール状になっており前部分は可動。
P00_3373
背中。マガノイクタチは大半が黒一色なのでマーキングでディテールアップされてました。
P00_3681
基部は可動式で90度近く持ち上げることが。
P00_3378
左右パーツの基部も3箇所可動し上下左右にい広く動き前方向にも展開可能。
P00_3380
またメタルビルドオリジナルギミックとして先端を展開することも。ただ展開部の軸は黄土色なので見栄えはいまいち。
P00_3389
マガノイクタチを外した状態の背中。
P00_3386
腰を前に曲げるとシリンダーが可動。上部分のカバーはマガノイクタチを付けた時ロックするパーツ。
P00_3391
可動は側頭部のパーツが配慮されてるおかげで首周りもよく動き腰のスイング幅も広く肘膝なども深く曲げることが。
P00_3395
肩は若干引き出し可能ですが股関節の引き出しはなく自然な膝立ちは厳しめ。接地性はまずまず。
P00_3400
脇の下や、
P00_3397
ひざ下にもシリンダー可動ギミック。
P00_3331
オプション。
P00_3461
スタンドはメタルビルドシリーズ共通タイプで本体差し込み時は専用のジョイントを使う方式。
P00_3405P00_3407
フル装備状態。
P00_3420
右腕にはブリッツの武器トリケロス改。流石メタルビルドだけあって先端の造形などもシャープ。
P00_3425
裏側。肘に取り付け持ち手でグリップを握る方式なので保持も安定。肘だけでの固定も可。
P00_3427
ランサーダートは個別に取り外し可能。
P00_3432
またオリジナルギミックとしてナイフ部分のみを分離することも。
P00_3446
左腕にはオキツノカガミ。初立体化となるらしい槍状の武器。通常時は左腕に装備。
P00_3448
シールド形態時のデザインもかなり凝った感じに。
P00_3451
そのまま柄をスライドして展開可能。刃は可動式。
P00_3434
サイドアーマーにはトツカノツルギを装備。
P00_3438
マウントパーツは取り外し可能。
P00_3443
各武器には名称がマーキングされてるのが特徴。
P00_3441
連結も可。
P00_3457
ツムハノタチ。こちらはオキツノカガミと選択式。
P00_3458
ツメは前部のカバーをずらしスライドして展開可能。
P00_3591
マガノシラホコ用ワイヤーユニットも付属。こちらはリード線を使ったプラモなどと特に変わらない作り。
P00_3419
同じメタルビルドSEED系のデスティニー、フリーダムと。アレンジの仕方は似た所もありますが雰囲気はかなり変化。
P00_3487
適当に何枚か。
P00_3499
メイン武器っぽいトリケロス改。ランサーダートは個別タイプですが固定はしっかりしてるので不意にバラける心配はなし。
P00_3520
後ろに重心が偏りがちな機体ですが足がダイキャストで接地性も高く関節も硬いので安定性は特に問題なかったです。
P00_3526
ナイフ部分を分離。腰の回転は45度ほどでここはいまいち。
P00_3538
ランサーダートを個別に手で持って使うことも可。持ち手は左右分付属。
P00_3560
オキツノカガミは伸ばせば関係ないですが非展開時に柄がマガノイクタチと干渉しやすいのが難点。
P00_3587
こちらも固定などは問題なし。足をあまり上げすぎるとフロントアーマーが弾け飛ぶ時があるので注意が必要。
P00_3678
マガノシラホコ用のワイヤーはこちらにも使えるのでフルブーストの後格っぽい動きも再現可能。
P00_3555
マガノイクタチは刀身が細く迫力には欠けるものの造形はシャープ。
P00_3552
連結状態だと結構な長さに。
P00_3543
ツムハノタチ。こちらはクローが大きくなかなかの迫力。
P00_3602
マガノシラホコ射出。こちらはプラモデルなどと同じリード線での再現で特に目新しさはなし。
P00_3636
マガノイクタチはメタルビルド独自のアレンジがされておりマーキングも入ってて特に見栄えする部分。
P00_3645
先端展開。基部の関節保持力は高いのでエネルギー吸収状態での固定もばっちり。
メタルビルド 天ミナ レビュー
終わり。以上、METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム 天ミナのレビューでした。

正直次が天ミナというのを知った時はそうそう頻繁に出るシリーズでもないのでもっとメジャーな機体が良かったと思いましたが、実物を見ると黒と金中心のカラーリングが素材や質感に拘ったメタルビルドシリーズと相性ピッタリで華やかさで言えばこれまでの中でもトップクラスの出来栄えになってました。
かなりゴテゴテしたデザインということもあり可動はそこまで優れてるというわけではなかったですが普通に遊ぶ分にはそれほど気になる所はなく、マガノイクタチなどの保持力も十分で、武装も豊富と遊びの面でも申し分なかったです。
次は今回とは打って変わって超メジャーなストライクフリーダムということですが、いつも問題になる金関節も今回で既に大丈夫なことが立証されて不安になる要素がほぼなくなったのでそちらにも期待です。

超合金×S.H.Figuarts アイアンマン マーク44 ハルクバスター、ROBOT魂 アシュラ・テンプルなど(魂ウェブ商店)



METAL BUILD ガンダムアストレイゴールドフレーム 天ミナ -天空の宣言-

超合金魂 GX-69 ゴルディーマーグ

超合金魂 GX-68 勇者王ガオガイガー