FW GUNDAM CONVERGE 19 レビュー
FW ガンダムコンバージ 19のレビューです。
P00_3123
Gセルフ。
P00_3127
一応今回のメイン。パックは大気圏用の物を装備。
P00_3131
ビームライフル、シールドはトワサンガ製でROBOT魂と同じ仕様。
P00_3133
いつも通り目はクリアパーツで今回は胸部の黄色もクリア。肩や手首、脛横のスラスターなどが軸可動。ただ首は固定でした。
P00_3136
シークレットのビームサーベル&アメリア製シールド装備型。本体はノーマルと共通。
P00_3187
ノーマルと並べて。
P00_3265P00_3266
ガンタンク初期型。
P00_3146
デフォルメされたことで全体の丸みを帯びたフォルムが強調され妙に可愛い感じに。
P00_3147
首、腰、肩などが軸可動。キャノン砲の角度は固定。
P00_3152
V2アサルト。
P00_3154
今回はアサルトパックのみの装備でバスターは20に収録予定。
P00_3157
V2は以前にも出てましたが今回は頭部なども新規造形になってました。
P00_3158
アサルトパックはちゃんと金色になってて見栄え良好。
P00_3190
以前のノーマルV2と。黄色の色味も変更。
P00_3163P00_3164
ヘイズル改。
P00_3171P00_3169
今回のマイナー枠。角ばったフォルムがデフォルメ体型と相性良くディテールも今回の中でも特に緻密。
P00_3176P00_3179
ヘイズル改(ティターンズカラー)。ノーマルとの違いは色のみで造形は同じ。なおこちらはシクレ扱いではないです。
P00_3183
2色並べて。
P00_3194
フルドド。
P00_3196
ヘイズルの強化ユニットであるこちらもセットでラインナップ。
P00_3199
横から。通常のMSに比べるとボリュームはあまりなく台座も低いので 全体的に軽い印象。
P00_3201
裏側。
P00_3204
ヘイズルとの合体時に使うパーツも付属。
P00_3216
合体してヘイズル・ラーに。
P00_3218
2体が組み合わさるだけあってかなりのボリュームに。
P00_3221
横から。
P00_3222
なお合体方法などが書かれた説明書は入ってないですが公式ページ内において解説されてました。
P00_3233
造形は共通なのでティターンズカラーにも取付可能。
P00_3236P00_3238
シールドを3つ装備したトライブースターも再現可能。ヘイズルがダブリで入ってたのでティターンズカラーも使って再現。
P00_3254
適当に何枚か。
P00_3252

P00_3263

P00_3273

P00_3246

P00_3214

P00_3230

FW GUNDAM CONVERGE 19 レビュー
終わり。以上、FW ガンダムコンバージ 19のレビューでした。

いつも通りサイズの小さい食玩ながらディテールなど非常に凝っており塗装ならではの質感の良さもあってよく出来てました。
ラインナップ的にも最新作からのGセルフとガンキャノン初期型、マイナー枠として立体物自体が珍しいヘイズル改にフルドドの組み合わせなどバランスが整ってる点なども良かったです。
次はベアッガイにグリモアといった特殊な機体に加えV2バスター、アドバンスド・ヘイズルなど今回と連動した物もラインナップされてるのでそちらにも期待です。

SDガンダム レジェンドバトル、HGドラゴンボールZ GOD EDITION、HG タケシ(プレミアムバンダイ)



FW GUNDAM CONVERGE 19 10個入りBOX(食玩)

FW GUNDAM CONVERGE 20 10個入りBOX(食玩)(あみあみ)

FW GUNDAM CONVERGE SP06 Zガンダム&ジ・O (食玩)(あみあみ)