DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー
DX超合金 VF-19 ADVANCEのレビューです。
P00_2566
ファイター形態。VF-19なので完全新規造形ですがフォルムや質感など雰囲気は最近のDX超合金と共通。
P00_2571
この機体特有のクリーム色っぽいカラーリングもイメージ通り。色は見本よりやや黄色が強めでした。
P00_2573
裏側。ランディングギアのギミックは概ねいつも通り。
P00_2578
機首部分。コクピットは無色のクリアパーツで中がはっきり透ける構造に。ディテールも緻密で赤部分はクリアパーツ。
P00_2582
ハッチは開閉可能。パイロットフィギュアも細部まで塗装されてました。
P00_2584
エアインテークのカバーはいつも通り取り外し可能。
P00_2597
脚部ミサイルハッチも展開可能。
P00_2600
ミサイルは別パーツになっており取り外すことも可。
P00_2603
展開時は主翼を一旦外す必要がありますがハッチを開いたまま元に戻すことも出来ます。
P00_2552
オプション。
P00_2556
アドバンスドパック一式。
P00_2559
スタンド類。
P00_2564
バトロイド時のメインブースターを支える補助台座も付いてました。
P00_2586
ガンポッドはいつも通り懸架可能。懸架時は砲身を少し曲げるのが独特。
P00_2607
アドバンスドパック装備状態。
P00_2609
主翼に取り付けるメインブースターのボリュームがかなりのものでシルエットも大きく変化。
P00_2615
裏側。
P00_2612
ファイター時は各部が密着状態なのでアドバンスドパックの取り付けは一番面倒でした。
P00_2616
スタンドで浮かせた状態。
P00_2620
横から。スタンドの仕組みは大体いつもと同じ。アドバンスドパック有り無し両方に対応。
P00_2717
アドバンスドパック装着状態からメインブースターを外し、主翼を畳み尾翼を内側へ曲げれば高速飛行形態に。
P00_2642
続いてガウォーク形態。細かい部分でVF-19独自の作りもありましたが大まかな変形手順は最近の物と大差なかったです。
P00_2648
後ろ。最近の物と違って膝のロールがないので脛を外側へ向けにくいですがそこ以外の作りは特に変わらず。
P00_2653
横から。関節の硬さも十分で股が開いたりといったことも一切なかったです。
P00_2671
アドバンスドパック装着状態。
P00_2674
こちらはほぼバトロイド時と同じ感覚なのでパーツの着脱は楽でした。
P00_2679
スタンドで浮かせた状態。
P00_2722P00_2725
続いてバトロイド形態。最近のYF-29や30などに比べると力強いプロポーション。色なども含めイメージ通りの仕上がり。
P00_2744
顔。バイザーはクリアパーツで内側のツインアイが透ける構造に。額の赤もクリアパーツ。
P00_2768P00_2765
曲線的なフォルムも自然。横から見ると少し首が長く見えますがこの辺は変形ギミックを利用して調節可能。
P00_2751
額パーツとバイザーは取り外し可能。
P00_2752
各部位など。最近の物と違って機種の先端が突き出た形になってるのが新鮮。各塗装やマーキングも正確。
P00_2758
腰回り。この辺も最近の物とは異なるデザイン。
P00_2728P00_2733
腕や足。四肢は太めでがっしりした体型。主翼が太腿横にくるシルエットが格好良いです。
P00_2936
バトロイド時も脚部ミサイルは展開可能。
P00_2762
背中。最近の物と違って背部に主翼がないのですっきり。
P00_2772
ガンポッド。
P00_2774
シールド。
P00_2777
裏側。取り付けは裏面のダボを腕の穴に差すだけ。
P00_2784
ピンポイントバリアパンチ用エフェクト。こちらは内側に手首パーツと同じ軸があるのでそのまま付け替えるだけ。
P00_2779
サイズも大きいだけあって動きの造形やグラデ塗装もリアル。
P00_2812P00_2813
アドバンスドパック装着状態。主翼の畳み方も変わって全体的にかなりボリュームアップ。
P00_2820
アドバンスドパックはYF-19のファストパックに相当する肩周りや、
P00_2822
脚部に装着。主翼にはメインブースター。肩外側のパーツは可動式で曲げ具合の調節が可能。
P00_2826
メインブースターのノズルは全てボールジョイント可動。
P00_2830
スタンドで浮かせると若干前傾気味。スタンドもそろそろ改良されて角度調節出来るようになったらいいんですが。
P00_2932
絡みはなかったですが登場作品が同じYF-29と。全高は大差ないですが全体のボリュームは値段相応にアップ。
P00_2592
適当に何枚か。
P00_2621
ファイター&アドバンスドパック。実際に劇場版に出てきたのはこの状態のみ。
P00_2665
ガウォークに変形。最新の物だけあって関節などはかなり硬めで保持力はどこもばっちり。
P00_2699
ただこちらの形態でメインブースターを付けると腕に干渉しまくりシールドのある左はほとんど位置を固定されることに。
P00_2711
足裏ディテールなどもきっちり。
P00_2789
バトロイドに変形。関節も大体最近の物と同じですが肩だけは後ろへ90度曲がる独自の構造に。
P00_2793
ただ前へは少ししか曲がらず胸が突き出てることもあってガンポッド両手持ちなどはギリギリ。
P00_2804
ピンポイントバリアパンチ。エフェクトもサイズが大きく造形塗装も凝ってるのでかなりの迫力。
P00_2835
パック装着。足首は引き出し式で接地性は非常に高く大きく足を開いてもぴたっと接地させることが。
P00_2841
なおバトロイド時にブースターを付けた主翼を支える補助台座が付いてましたがとりあえずは特に使う必要はなかったです。
P00_2863
ピンポイントバリアパンチエフェクト使用。平手も表情が付いてて様になる感じに。
P00_2923
腰は若干ひねることが可能ですが30度くらいが精一杯なのでそこまで派手には動かず。
DX超合金 VF-19 ADVANCE レビュー
終わり。以上、DX超合金 VF-19 ADVANCEのレビューでした。

劇場版マクロスFに出てきたVF-19としての商品化ですがおおまかなデザインやカラーリングはYF-19のイメージ通りでプロポーションも良くアドバンスドパーツのボリュームも迫力あって非常に格好良く仕上がってました。
変形も最近の物と同じく関節やロックなど適度な硬さで扱いやすく、可動も全体的に良好でYF-30から導入された腰可動も取り入れられてたり、オプションもシリーズ初のエフェクトが付いたりと遊びの面でも申し分なかったです。
普通に完全なYF-19を出した方が需要は高そうな気がしますがとりあえずイサム機のバルキリーとしては決定版と言っていいくらいの出来に仕上がってると思うのでこのデザイン、カラーリングが好きな人ならオススメです。

ROBOT魂 アシュラ・テンプル、超合金×S.H.Figuarts アイアンマン マーク44 ハルクバスターなど(魂ウェブ商店)



DX超合金 VF-19ADVANCE

DX超合金 YF-29B パーツィバル(ロッド機)

HI-METAL R VF-1J アーマードバルキリー(あみあみ)