超像可動 エルメェス レビュー
超像可動 エルメェス・コステロのレビューです。
P00_9936P00_9940
全身。関節の作りやプロポーションなどは同じ6部の女性キャラ同士徐倫とほぼ同じ。衣装は表紙などとは違う色に。
P00_9955
顔。これまでの6部キャラと同じく造形塗装ともにかなり安定しておりアイプリの個体差も少なかったようです。
P00_9950P00_9953
特徴のドレッドヘアーもリアルに再現。髪は軟質素材なので俯かせることも可。
P00_9959
叫び顔の別頭部も付属。
P00_9963P00_9960
こちらも出来に関しては申し分なし。
P00_9966
各部位など。衣装のデザインも細かく再現。色はコミックス表紙などとは異なりますが特に違和感はなし。
P00_9969
腰回り。しわ造形なども自然。
P00_9943P00_9945
腕や足。細身なので男キャラに比べると関節は多少目立つ部分も。ズボンのグラデ塗装なども綺麗でした。
P00_9975
右腕には囚人番号の入ったリストバンド。取り外しも可能。
P00_9972
背中。アナスイと同じGDST JAILの文字。
P00_9931
オプション。
P00_9997
スタンド「キッス」のシール。専用の持ち手も付属。
P00_9998
裏側。写真では別の所を持たせてますが裏面には指の形に沿った窪みがあり持たせやすくなってました。
P00_0217
ブレスレット型手錠(ライク・ア・ヴァージン)。こちらはリストバンドを外して取り付け。
P00_0220
裏側まできっちり。なお徐倫の左腕にも取付出来そうでしたがエルメェスよりきつめで色移りしそうなのでやめた方が良さそう。
P00_9987
拳銃。こちらも専用の持ち手が付属。
P00_9980
スタンドのキッスと。カラーリングも揃えられており統一感があります。
P00_9977
他の6部キャラと。徐倫より少し大きくアナスイと同じくらいでした。
P00_0015
適当に何枚か。
P00_0042
関節などは徐倫と同じですがジェケットの裾が干渉するので足はそちらほどは上がらず。
P00_0095
ダッシュ。首は襟の下が動くようになってるので大きく上を向かせることが。
P00_0090
髪は軟質素材なのでそんなに動きの妨げにはなりませんが色移りしそうなので接触したまま飾るのはやめたほうが良さそう。
P00_0117
ライク・ア・ヴァージン。いつも通り小物はマニアックな物が付属。
P00_0128
足があまり上がらないのでちゃんとした膝立ちは厳しめ。
P00_0142
拳銃。スタープラチナの銛はエアで。エルメェスにこれが付くということは6部承太郎かスタープラチナが出たら銛が付きそう。
P00_0155
ミスタのエフェクトを使って射撃。
P00_0102
パンティーの時のポーズ。
P00_0205
13巻表紙風に。
P00_0196
スタンドのキッスと。
P00_0239
つや消しとメタリックの違いはありますがズボンの色味などはほぼ同じ。
P00_0162
両方可動範囲が非常に広いので劇中のアクションもほぼそのまま再現可能。
P00_0183
これも!これも!もしセカンドが出ることがあったらこの辺の台詞か擬音が付きそう。
超像可動 エルメェス レビュー
終わり。以上、超像可動 エルメェス・コステロのレビューでした。

徐倫やアナスイなどこれまでの6部キャラと同じく重要な顔の出来が安定しており特徴的なドレッドヘアーや衣装の再現度なども高くほぼ欠点の見当たらない非常に完成度の高い仕上がりになってました。
可動も衣装のデザイン的に足だけあまり上がらないという制限はありましたが他は問題なく、オプションもマニアックな小物が色々付いてたり先に出ているスタンドと組み合わせての遊びも出来るのでプレイバリューも申し分なかったです。
次はジョナサン、ディオということでツェペリさんですらスタチューレジェンドになるということは1部はその2人くらいしか出なさそうですが久しぶりの違う部のキャラなのでそちらにも期待です。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 73.エルメェス・コステロ

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 74.ジョナサン・ジョースター

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 75.ディオ・ブランドー(あみあみ)