figma ニンジャスレイヤー レビュー
figma ニンジャスレイヤーのレビューです。
P00_8347P00_8352
全身。等身高めでがっちりした体格やマットな質感のあずき色の装束など元絵のイメージ通りの仕上がり。
P00_8368
顔。鋭い眼光の目だけが覗いた不気味な顔つき。布のしわ造形なども自然。
P00_8365P00_8360
マスク部分には忍殺の文字もしっかり造形されてて立体感のある見た目に。
P00_8370
半ナラク状態の右目を見開いた顔パーツ。顔の交換は頭部の前半分を交換する方式。
P00_8376
センコめいた光のエフェクトパーツが付いた半ナラク顔も別に付いてました。
P00_8379
ナラクニンジャの顔パーツも付属。
P00_8386P00_8383
こちらは完全に憑依された状態で見開いた目や巨大な牙など完全に別物に。
P00_8390
各部位など。胸板は厚く幅もありマッシブな体格。マフラーは軟質素材で胸元からはちらりと鎖帷子が。
P00_8396
腰回り。この辺のしわ造形などもかなり細かめ。
P00_8353P00_8358
腕や足。四肢も二の腕など筋肉質。ブレーサーやレガースなどもデザインなど細かく再現。
P00_8399
マフラーは風になびいたような動きのある形に。腰にはポーチ。
P00_8400
マフラー基部はジョイント式になっており向き角度など自由に調節可能。
P00_8320
オプション。
P00_8324
台詞プレート各種。
P00_8416
スリケン。
P00_8418
スリケン用投げエフェクトも付属。手首にはめて使う方式。
P00_8442
ヌンチャク。鎖はちゃんと動きをつけることが出来る作りに。
P00_8446
フックロープ。ポーチ横の穴に付けて使用。ロープはリード線で自由に動きをつけることが。
P00_8451
先端部分。
P00_8414
スシ2種。マグロと玉子。スリケンなどと兼用ですが専用の持ち手が付くので保持も安定。
P00_8428P00_8436
敵ニンジャ頭部。こちらも専用の持ち手が付属。
P00_8439
裏側。
P00_8424
赤黒い炎エフェクト。炎は色の濃いクリアパーツで再現され禍々しさを再現。
P00_8459
通常とは違う動きがつき所々穴が開いた状態のマフラーも付属。
P00_8457
裏側。
P00_8407
台詞プレートはPETシートで専用のアームを使って使用。
P00_8411
アームは数カ所可動するので位置など自由に調節可能で取り付け基部は2つ穴があるのでスタンドの同時使用も可能。
P00_8452
サイズは他の男キャラfigmaと大体同じ。
P00_8467
適当に何枚か。
P00_8491
お決まりの挨拶は専用手首と台詞プレートで完全再現することが。
P00_8502
ジュー・ジツの構えでニンジャ殺すべし。関節はfigma共通の物で干渉する箇所も少ないので本来の優れた可動を発揮。
P00_8510
スリケン投擲。今回は腕と干渉する胸部分が硬質ですが肩がダブルジョイントなので特に問題なし。
P00_8550
後ろへジャンプ。マフラーの首を通す部分はゆとりがあるので首周りもよく動きますが顎を上げる時はある程度干渉。
P00_8567
ヌンチャクと叫びプレートで。接地性も高めですがマフラーで後ろへ重心がかかりやすいので安定感はそこそこ。。
P00_8605
ジゴクめいたチョップ突き。
P00_8665
パンツ部分は軟質素材の別パーツになってるので足はかなり上げることが。
P00_8607
ブリッジ回避。
P00_8590
ハイクを詠め。漫画版ではそんなに出てこなかった台詞ですがこちらも付属。
P00_8633
ワイヤーはそこそこ太さのあるリード線なので動きをつけるのも楽。
P00_8645
ワイヤーで敵を引き寄せてキック。
P00_8657
慈悲はない。サヨナラ。
P00_8674
ナラク憑依。
P00_8681
漫画版ではこの状態はまだちょこっとしか出てきてないので動きなどはよくわからず。
figma ニンジャスレイヤー レビュー
最後は寿司食って終わり。以上、figma ニンジャスレイヤーのレビューでした。

小説の方は未読ですが漫画版がなかなか面白くデザイン自体もわかりやすい忍者スタイルで格好良かったので購入。
衣装がタイトでマフラーやパンツ部分など干渉する部分もちゃんと軟質素材になってるので可動も良好で、最近の物にしては値段も比較的安めなのにオプションも小物などかなり多く充実した内容になってました。
フジキド素顔が付くサツバツナイトは12月発送ということですが来年にはアニメ化もするそうなのでヤモト・コキなど他のレギュラーキャラなども色々増やしていって欲しいところです。




figma ニンジャスレイヤー

アクアマリン ニンジャスレイヤー ヤモト・コキ

アクアマリン ニンジャスレイヤー ベイン・オブ・ソウカイヤ(あみあみ)