ライトニングガンダム レビュー
HGBF ライトニングガンダムのレビューです。
P00_3871P00_3875
全身。リガズィを元になってるそうですがそちらからの流用はなく完全新規だそうでプロポーション、色分けなども良好。
P00_3893
顔。リガズィとは完全に別物ですがマスクや頬など鋭角的なデザインのZ顔が格好よく再現されてました。
P00_3891P00_3886
額の青もきっちり色分けされダクトやバルカンなどもくっきり立体感のある造形で見栄え良かったです。
P00_3898
各部位など。胴体も色使いは同じなものの形は異なり元のリガズィの面影はほとんどなし。
P00_3901
腰回り。この辺は多少似てる所も。フロントアーマーなどにー穴があるのが独特。
P00_3914
サイドアーマー裏にはビームサーベルを収納。
P00_3879P00_3882
腕や足。肩の緑、前腕の黄色はシール。脛横にも穴が。完全新規だけあって合わせ目はほとんど目立たず。
P00_3906
前腕裏側にはビームバルカン。
P00_3911
背中。バックパック中央と腰中央、肘部分にも穴。肩横のパーツは折りたたみ可。
P00_3867
オプション。ビームライフルは4パーツ構成。
P00_3924P00_3927
フル装備状態。
P00_3915
ハンドガン。ライフル組み換えの基本となる形態。後部の水色はシール。
P00_3918
バレルを付けてビームライフルに。
P00_3931
ロングバレルを付けた状態。
P00_3934
横にセンサーユニットを付けて両手持ち出来るようにすることも。フォアグリップは可動式。
P00_3946
肩部センサーとライフルを連結することも可。
P00_3941
シールド。黄色部分はシール。
P00_3944
裏側。取り付けは肘の穴に差すだけ。
P00_4109
上部には凹みがありライフル先端のダボをはめることでバイポッドとしても使用可。
P00_3954
各所にある穴は3mm径なのでいろいろ他所からパーツを付けたりしやすくなってるようです。
P00_3952
とりあえずメイン3人の機体が勢揃い。サイズは元がリガズィだけあってかなり大きめ。
P00_3965
適当に何枚か。
P00_3985
完全新規だけあってポリパーツはオールガンダム~共通の物で肩の引き出しなども最近の物と遜色なく両手持ちも余裕。
P00_3990
足もよく上がり肘膝なども深く曲げることが。
P00_4004
リアアーマーが固定で足を後ろへ曲げにくく少し窮屈ですが膝立ち撃ちも角度によってはまあまあそれっぽく。
P00_4024
ロングバレルに交換してシールドをバイポッドに。
P00_4036
ロングバレルにすると相当大きくなりますが重量は特になくセンサーも付ければ両手でグリップを握れるので保持も問題なし。
P00_4042
接地性も高いのでかなり角度の付いた状態でもぴったり地に足をつけることが。
P00_4062
射撃がメインの機体ですが一応ビームサーベルも付属。ライフルはバレル共々各部の穴に取付可能。
P00_4059
腰はそのままだとほぼ動かないですが少し浮かせれば45度くらいは曲がるように。
ライトニングガンダム レビュー
終わり。以上、HGBF ライトニングガンダムのレビューでした。

リ・ガズィを元にしたガンプラということですが今回はそちらからの流用は一切なく完全新規になってるのでプロポーションも今風で色分けや合わせ目の目立たない構成なども最近の物と遜色なく非常に完成度の高い仕上がりになってました。
完全新規だけあって関節なども最近のキットに準じた作りになってるので可動範囲も広くメイン武器のライフルの両手持ちなんかも余裕で遊びやすかったです。
BFのキットは1期の時は流用元のキットが古すぎていまいちな物がちょくちょくあったので出来れば今後も今回みたく新規で一から作るようにして欲しいところです。

HGUC 1/144 RGM-89M ジェガンBタイプ(F91Ver.) 、MG トールギスIII、トールギスIIなど(プレミアムバンダイ)



HGBF 1/144 ライトニングガンダム

HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステム

SDBF ウイニングガンダム(あみあみ)