DX超合金 クロノス レビュー
DX超合金 YF-30 クロノスのレビューです。
P00_1144
ファイター形態。完全な別機体なので翼の形などこれまでとは違ったシルエットに。
P00_1145
カラーリングは白と黒が主体になったオーソドックスな主人公機カラー。
P00_1150
裏側。
P00_1153
コックピットにはいつも通りパイロットフィギュア。クリアの色は薄めで中まではっきり見えます。
P00_1157
いつも通り開閉も可。前の紫はクリアパーツ。
P00_1164
エアインテークのカバーもいつも通り取り外し可能。
P00_1166
各部の塗装やマーキングのプリントもずれなどもなく正確。
P00_1170
ミサイルポッドが特徴的な機体ですが収納時は違和感なく綺麗に収まってました。
P00_1175
脚部ノズル。VF-25やYF-29と異なり後部がミサイルポッドなのでいつものシールド、ナイフはなし。
P00_1188
ランディングギア。カバーはヒンジ部分を引き出して開く方式に。
P00_1184
後部ランディングギアもカバーの形などこれまでと違ってました。
P00_1136
オプション。
P00_1139
スタンド類一式。台座、アームはいつもと同じですが支柱はこれまでと違った形に。
P00_1190
ガンポッドの取り付けは後部ジョイントを引き出してミサイルポッド裏側に差す方式で腕を開いたりする必要はなし。
P00_1195
スタンドで浮かせた状態。
P00_1200
支柱は機体に合わせた専用の形になってますが取り付け方は他と同じく下から支える方式。
P00_1203
取り付け部の形が変わってガンポッドはパーツの下を潜らせたりする必要もなし。
P00_1252
ガウォーク形態へ変形。まず主翼や脚のカバーを開いて腕を出せるように。
P00_1258
脚部を起こし肩のジョイントを引き出し。
P00_1260
腕をジョイントに固定しミサイルポッドを引き出し。脚部は膝や足首の引き出しなどいつもと同じように展開。
P00_1631
この時一旦腕と足を元の位置に戻せばミサイルポッドを展開したファイター形態にすることも。
P00_1270
腰ブロックを引き起こしたら付属のサポートパーツで固定。
P00_1342
股関節のダイキャスト軸の位置を上に引き上げたらガウォーク形態完成。
P00_1345
関節も固めなのでかなり前のめりにしても倒れたりすることなく安定してました。
P00_1353
横から。
P00_1311
ミサイルポッドのカバーは前後ともに全て開閉可能。
P00_1295
収納状態にすることも可。
P00_1314
ガンポッド。色形など他の機体より複雑に。
P00_1316
銃身の引き出しや展開などのギミックは他と同じ。銃身を伸ばすとスコープも連動して引き出し。
P00_1292
ガンポッド収納状態なら下に取り付けることも出来ますが股間部分と干渉するのであまり実用性はなし。
P00_1336
これまでと違ってガウォーク形態で腰を回すことも可能になってました。
P00_1358
スタンドで浮かせた状態。
P00_1362
後ろ。
P00_1364
スタンドを使う時は腰を支えるサポートパーツをスタンド用の物に交換する必要があるのでここはちょい面倒に。
P00_1424
バトロイド形態へ変形。足を真っ直ぐにし股関節を引き出しサポートパーツを取り外し、主翼を畳んで胴体を後方に。
P00_1430
機首を畳み胸部プレートを起こし主翼ブロックを曲げ頭部を引き出し。
P00_1439
主翼ブロックを後ろへ倒し胴体ジョイントを腰に固定しバトロイド用サポートパーツで腰と背中を固定。
P00_1442
引き出してた股関節を戻し、機銃を起こし頭部を回転させミサイルポッドの位置を整えたら、
P00_1468P00_1471
バトロイド形態完成。ミサイルポッドが独特でこれまでにない独特なシルエットに。
P00_1484
顔。いつも通りバイザーはクリアパーツ。塗り分けなども正確で格好良く仕上がってました。
P00_1481P00_1476
機銃は硬質の物も付いてるのでそちらに交換。
P00_1489
下からも。
P00_1505
各部位など。他と違い腹部に機首の先が見えてないのが特徴。胸の青はメタリック塗装。
P00_1506
腰回り。この辺も他と違ってすっきりした見た目に。
P00_1461P00_1465
腕や足。羽と一体化したような肩や前腕が特徴的。脚部はフォルムなど他よりシンプルな形に。
P00_1512
背中にはミサイルポッド。高さや角度、向きなどは自由に調節可能。
P00_1523
腰が回せるのはバトロイド形態になっても変わらず。
P00_1548
ガウォーク同様スタンドで浮かせる時はサポートパーツを専用の物に付け替え。
P00_1520
シルエットやデザインはかなり変わってますがサイズ自体はこれまでとほぼ同じでした。
P00_1220
適当に何枚か。
P00_1637
ミサイルポッド展開。このギミックのおかげで追加装備なしでもかなり派手な見た目に。
P00_1327
変形。接地性も高く関節も硬いのでこの形態の動かしやすさもこれまでの中でもトップクラスでした。
P00_1418
この形態で腰も動かせるようになったのでこれまでにないポーズで展示することが。
P00_1385
あとはスタンドのジョイント部に角度を付けられるようになれば全ての面で完璧になりそう。
P00_1544
変形。股関節が引き出せるので足もかなり開くことが。
P00_1537
バトロイドでも接地性の高さはそのままなので膝立ちなんかも自然。
P00_1572
最初ちょっと微妙に見えたミサイルポッドも実物見てみると違和感もなく格好良かったです。
P00_1592
白黒ともに落ち着いた質感で全体の見栄えも良好。
P00_1610
肩や腕の保持力なども高く腕を真っすぐ伸ばしてガンポッドを構えてもへたれることなども全くなかったです。
DX超合金 YF-30 レビュー
終わり。以上、DX超合金 YF-30 クロノスのレビューでした。

前のYF-29(オズマ機)と同じくアニメには出てこない機体なのでちょっと迷いましたがこれまでとは完全な別機体ということでミサイルポッドがあるシルエットなど独特で新鮮味があり、主役機らしい王道なカラーリングも格好良かったので購入。
出来の方も変形などこれまで以上にやりやすくなっており、可動も腰が回せるなど大きく進歩し関節の硬さもベストで遊びやすく、特徴のミサイルポッドも全ての形態で展開出来るようになってるなどギミック面も凝ってて見た目遊びの両面で完璧と言っていい内容に仕上がってました。
最近のこのシリーズはほぼ全て後からWEB限定で追加装備が販売されてますが今回も何かそういう物があるのかも気になるところです。

METAL BUILD ガンダムアヴァランチエクシア、魂SPEC レイズナー + V-MAXパーツセットなど(魂ウェブ商店)



DX超合金 YF-30 クロノス

DX超合金 VF-25S メサイアバルキリー(オズマ・リー機) リニューアルVer.

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ユニコーンガンダム(覚醒仕様)(あみあみ)