フィギュアーツ レンゲル レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーレンゲルのレビューです。
P00_1363P00_1365
全身。素体は他のブレイド系と共通。デザイン的にはブレイド、ギャレンに近く色は金が多く結構派手め。
P00_1006
顔。蜘蛛がモチーフなだけあってちょっと不気味な印象。複雑な金塗装ははみ出しもなく綺麗でした。
P00_0997P00_0994
触覚もシャープでいつも通り複眼内部のモールドもきっちり。ただ色はサンプルよりはマシなものの劇中より赤が強めでした。
P00_1010
各部位など。胴体は色は派手ですが造形自体はシンプル。中央にはクラブを模した意匠が。
P00_1013
腰回り。ベルトは劇中でも呪いのアイテムみたいな扱いだったこともあり色使いなど怪しげなデザイン。
P00_1018
右側にはラウズバンク。カリスと同じく開閉はしますがカードの出し入れは不可。
P00_1367P00_0990
腕や足。ベルトや鋲などブレイド、ギャレンに近く肩当てはいつも通り腕側にジョイントを介して接続。
P00_1371
足裏もきっちり。
P00_0967
オプション。
P00_0971
ラウズカード一式。
P00_1031
レンゲルラウザー、ダガーモード。持ち手もピッタリで保持も安定。
P00_1036
カードを通せる溝もちゃんと再現されてました。APは6000の数字がプリント。
P00_1041
先端のクローバーエッジは展開式。
P00_1044
柄を取り替えればザッパーモードも再現可能。持ち手は角度付きの物と2タイプ付いてました。
P00_1027
いつも通りカード用の持ち手も付属。
P00_1023
これで4人勢揃い。サイズもこれまでと変わりなし。
P00_1047
適当に何枚か。
P00_1061
右手が左肘まで届かないのであの格好つけた変身ポーズはちょっと厳しめ。
P00_1084
素体が共通で干渉する部分も特にないので基本的な可動は他と変わりなし。
P00_1071
いつも通りダイキャストではないものの接地性が高く関節も硬いので安定感は十分。
P00_1094
レンゲルラウザー展開。
P00_1159
柄が長いので持つ位置を自由に選べ扱いやすいです。
P00_1171
これだけ大きいと迫力も十分。
P00_1198
バイト、ブリザード。今回は指を立てたカード持ち手はなし。
P00_1242
ブリザードクラッシュ 。
P00_1213
ブリザードゲイル。
P00_1264
ブリザードベノム。角度付きの手首があるので突き出す動きも自然に。
P00_1268
肩周りも柔軟なので両手持ちした上で色んな動きをつけることが。
P00_1104
ブレイドのライダーは一通りみんなやりあってますがレンゲルは特に他と戦うことが多かった印象。
P00_1291
カテゴリーQ絡みの話は良かったですが基本的に和を乱したり足引っ張ったりであんまり格好良いシーンはなかったような。
P00_1315
OPの拳合わせ。
P00_1343
最後は珍しく4人でポーズを決めた時の並びで。
フィギュアーツ レンゲル レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーレンゲルのレビューでした。

カラーリングは派手なもののデザインは概ねブレイド、ギャレンと似た感じで素体も共通なので出来については特に変わらず。
複眼の色合いが劇中とはやや異なってた点は惜しかったですが、全体の緑や金、頭部やベルトなど細かい部分の造形塗装はよく出来ており、可動もいつも通り肩の干渉などもなく長いレンゲルラウザーも自由に扱え遊びやすかったです。
これでメイン4人が出揃い、それぞれのバイクや強化フォームも既にWEB限定で決まってもうコンプ目前なので残りのワイルドカリスや出来ればジョーカーなんかも早めに出して欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ グリンクローバー、仮面ライダーファム、仮面ライダー黒影 マツボックリアームズなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーレンゲル

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーギャレン&レッドランバスセット

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド(あみあみ)