超像可動 DIO 黒 レビュー
超像可動 DIO Ver.Blackのレビューです。
P00_0872P00_0877
全身。以前出た物のカラバリなので造形は同じ。DIOは3部でも特別出来良かったので今でもあまり見劣りする感はなし。
P00_0886
顔。かなり小さめですが造形塗装は相変わらずハイクオリティ。ただアイプリの個体差は今回もあったようでした。
P00_0913P00_0892
別頭部2種もこれまでと変わりなし。笑顔の口の皺のラインが雑だったのがちょっと残念。
P00_0916
体もこれまでと同じ。グラデ塗装などもいつも通り綺麗ですが今回黒部分が多いので傷や剥げが目立ちやすいです。
P00_0919
靴はファーストカラーと同じ金色。
P00_0865
オプション。
P00_0932P00_0935
ナイフ2種類。オプションもこれまでと共通。
P00_0942
標識。
P00_0938
裏側。
P00_0959
そして今回新たに追加された「無駄無駄」ラッシュを再現出来る連打エフェクトパーツ。
P00_0960
右手と左手で分かれておりそれぞれ直接手首にはめるか支柱で浮かして使うことが。ちゃんと短い支柱も2本付いてました。
P00_0968
ザ・ワールドに使った状態。両腕を前に出してるポーズだとちょっと違和感ありますがまあまあ臨場感出てると思います。
P00_0971
手首に差す穴は支柱用の穴とは違うので注意。
P00_0975
正面以外でも使えますが引いてる拳まで連打してるとちょっと変な気も。あとそれなりに重いので肩がへたれることもしばしば。
P00_1082
手首の経は共通なので他のスタンドで使うことも。黄色系統が合いそうですが色を気にしなければ何にでも使えそう。
P00_0951
赤黒黄色で。カッコいいことはカッコいいんですがやはり黄色以外は見慣れないのでちょっと違和感あります。
P00_1135
適当に何枚か。
P00_1114
カラバリなので可動なども変わりはなし。
P00_1105
オプションもエフェクト以外共通なので本体だけで遊ぶ分には流石にそろそろ飽きてきた感も。
P00_1030
ザ・ワールド!エフェクトがあるとスタンドと合わせた時も一味違った感じに。
P00_1033
エフェクト、スタンド、本体、台詞パーツを同時に飾ると結構な置き場所を取ることに。
P00_1063
関節が弱いと肩が負けてしまう欠点はあるものの支柱で見栄えを損なうことなく直接軸に差して飾れるのは有難かったです。
超像可動 ディオ Ver.Black レビュー
終わり。以上、超像可動 DIO Ver.Blackのレビューでした。

本体は笑顔頭部の口の皺がちょっと雑だったのが惜しかったものの他は特別気になるような所はなく、カラーリングも黒紫赤という無難な配色でカッコよく仕上がってました。
新規に付属する連打エフェクトも右手と左手で分かれてるので多少使い勝手に癖がある感じですが、手首の軸、支柱の両方を差せたりする点は汎用性も考慮されててなかなか良かったです。
台詞や擬音プレートも良いですが玩具的にはこういうエフェクトの方が面白みがあると思うので今後もセカンドやサードを出す時は色んなパターンの物を付けて欲しいところです。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 50.DIO

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 51.シルバーチャリオッツ・セカンド

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 52.スパイス・ガール(あみあみ)