超像可動 パープル・ヘイズ レビュー
超像可動 パープルヘイズのレビューです。
P3850701P3850704
全身。他の5部スタンド同様細身なプロポーションで紫の色味などカラーリングも理想的でした。
P3850737
顔。クリアのバイザーは濁ったような作りになっており独特な見た目に。瞳がないデザインなので個体差の心配も無さそう。
P3850716P3850714
ただ別頭部に比べ妙にのっぺりしてると思ったら口の上の紫塗装が何故か省略されてるようです。エラーなのか仕様かは謎。
P3850731
ダラダラとよだれを垂らした別頭部も付属。
P3850719P3850725
こちらは瞳があり口の上の紫もちゃんと塗装されてました。
P3850743
各部位など。質感はこれまでの5部スタンドと同じく光沢仕上げですが適度にシャドーなども吹かれてて安っぽさはなし。
P3850747
腰回り。腰の布は別パーツ。
P3850707P3850709
腕や足。5部らしくかなり細身でスタイリッシュな体型。肩アーマーは腕側についてるので可動にも影響せず。
P3850762
背中。今回背中にトゲがあるデザインなので支柱延長パーツが付いてました。
P3850695
オプション。
P3850752
ナックルのカプセルが割れた手首パーツ。
P3850761
オプションが少なめだからか今回は1st版ながら台詞パーツも付いてました。
P3850757
サイズは普段と大体同じですがGEと並べるとほんの少し小さかったです。
P3850814
適当に何枚か。
P3850804P3850796
関節の作りなどは他の5部系と共通なので可動に関しても大体これまでと同じでした。
P3850822
出番少なかったのであまりやることはないですが別頭部と台詞プレートを使えばなかなか臨場感ある雰囲気に。
P3850837
通常頭部は一部塗装が省かれてたのと原作でも別頭部の方が印象強いので飾る時はこっちになりそう。
P3850855
体の汚れをゴシゴシ。
P3850879
うげっ!!げげっ!!
P3850891
塗装もデザインがデザインなので多少のはみ出しはあるものの大体は綺麗に仕上がってると思います。
P3850919
最初読んだ時は考えもしなかったですが途中離脱したのは強すぎて扱いにくかったからだとか。
P3850938
小説の方でもこれがノトーリアスBIGみたいになったらやばいと言われてましたが確かにどちらかというと敵っぽい能力な気が。
P3850935
まだ情報少ないので謎ですがゲームではどういう扱いになるのやら。
P3850927
カプセルが割れた手でも一応。
超像可動 パープルヘイズ
終わり。以上、超像可動 パープルヘイズのレビューでした。

通常頭部の口の塗装が一部省かれてたのが気になりましたが、他はカラーリングなど理想的で塗装も複雑なデザインのわりには概ね綺麗に仕上がっておりこれまでの他の5部スタンド同様良い出来でした。
本編での出番自体が少なかったのでオプションは少なめなものの標準で台詞プレートが付属し、可動も干渉する箇所などがほぼないデザインなので遊びやすい仕上がりになってると思います。
来月はミスタのセカンドカラーなのでちょっと間が開きますが本体のフーゴも発売が決まっており5部キャラもだいぶ揃ってきたので残りの2人も早く出て欲しいところです。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 47.パープル・ヘイズ
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 49. パンナコッタ・フーゴ
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 48. グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ・セカンド
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 50.DIO(あみあみ)