特撮リボルテック エイリアン・クイーン レビュー
特撮リボルテック エイリアン・クイーンのレビューです。
P1820158_exposure
全身。頭部が大きく腹にも腕が生えてたりなど普通のエイリアンとは大きく形状の異なる姿になってます。
P1820159_exposure
独特な前傾姿勢を維持する為に腹にスタンドを挿すという変わった形になってました。
P1820170_exposure
正面から。サイズはこれまでの特撮リボの中では一番大きいですが映画のイメージに比べるとやはり小さめ。
P1820166_exposure
色はウォーリアーのような青っぽい色でした。
P1820174_exposure
顔。これまでのエイリアンと違って歯もクリアパーツ。
P1820182_exposure
物凄く頭部が大きいのが特徴。
P1820177_exposure
横から見ると平たいエイのような形になってます。
P1820183_exposureP1820188_exposure
頭部の表と裏。裏側は骨が剥き出しでグロテスクなことに。
P1820190_exposure
口の中にはいつも通りインナーマウス。頭部の先端も若干上下に動くようになってます。
P1820195_exposure
各部位など。腹から小型の腕が生えてるのが特徴的。肘や手首など普通の腕と同じように可動。
P1820214_exposure
背中の突起はそれぞれ独立可動。
P1820196_exposure
腕。指はもうちょい動きが付いてた方が良かったかも。
P1820202_exposureP1820203_exposure
足とスタンド。膝の下にももう一つ関節があるという独特な構造になってます。いつものネームプレートも付属。
P1820199_exposure
尻尾は他のエイリアン同様ペンタブル構造。
P1820207_exposure
ウォーリアーと並べるとこんな感じ。大きいことは大きいんですが映画のイメージに比べると小さめ。
P1820226_exposure
適当に何枚か。
P1820249_exposure
付属のスタンドだとあまり動きが付けられないので更に前屈みにしたい時などは他のスタンドを使ったほうが良さそうです。
P1820240_exposure
パワーローダーと戦うシーンが有名だそうですが、自分はAVPの氷上の戦いの方が印象に残ってたり。
P1820221_exposure
基本前傾姿勢でサイズも大きいので遊びやすさは普通のエイリアンの方が上な感じでした。
P1820257_exposure
一応ウォーリアーみたく四肢をついた獣っぽいポーズにすることも。
P1820254_exposure
プレデターはやくきてくれー!
P1820231_exposure
終わり。以上、特撮リボルテック エイリアン・クイーンのレビューでした。

エイリアン自体が元々大きめサイズだったこともあり、劇中のイメージよりは小さい感じでしたが、それでも特撮リボの中では一番大きいサイズでかなりの迫力でした。
ボリュームアップしてるわりに値段も少ししか上がってない点も良かったです(初回限定価格ですが)。
宿敵のプレデターも2月にはようやく出るみたいなのでそちらも楽しみです。
あとクリアのエイリアンが限定販売されてる特撮リボルテックキャラバンも引き続き開催中だそうです。




【初回生産分 特別価格】特撮リボルテック No.018 エイリアン・クイーン

特撮リボルテック No.019 ラドン

特撮リボルテック No.020 骸骨剣士(あみあみ)