ULTRA-ACT ウルトラマン レビュー
ULTRA-ACT ウルトラマンのレビューです。リニューアル版はこちら。
P1370163_exposureP1370168_exposure
全身。色や質感、プロポーションなど実写そのままな感じの仕上がり。
P1370181_exposure
顔も完璧と言っていい出来だと思います。
P1370182_exposure
目の部分はうっすら濁ったような独特な感じになってます。
P1370187_exposure
横顔。
P1370190_exposure
各部位など。胸にはカラータイマー。
P1370197_exposure
股関節もなるだけ可動部が目立たなくしてある感じ。
P1370171_exposureP1370175_exposure
腕や足。第一弾ということでまだ安定してないのか動かすと手足が抜けてしまうということがたまにありました。
P1370157_exposure
オプション。
P1370201_exposure
カラータイマーは時間が残り少ない時の赤も付属。
P1370202_exposure
ウルトラスラッシュ再現パーツ。
P1370206_exposure
スペシウム光線再現パーツ。
P1370233_exposureP1370239_exposure
ブラザーズマント。クリアの補助パーツも付属。
P1370253_exposure
マントは硬質なので付けるとほとんど動かなくなりますが、物凄く貫禄がつきます。
P1370229_exposure
ザ・グレイトバトルなキャラ達とサイズ比較。フィギュアーツより頭一つ分ほど大きめ。
P1370303_exposure
以下適当にポーズなど。
P1370270_exposure
可動範囲はかなり広いんですが、関節が柔らかい部分が多くてちょっと固定させにくい感が。
P1370262_exposure
ただ右腕と左腕で関節の硬さが違ってたりするので個体差だと思います。
P1370256_exposure
足は接地する面積が小さく、ダイキャストなどではないので動きのあるポーズをさせる時はスタンドが必須。
P1370282_exposure
腰や股関節の可動が特にいいのであぐらや土下座のようなポーズも楽々。
P1370279_exposure
個人的にウルトラマンというと集団でゴモラをリンチする動画の印象が強烈に残ってます。
P1370273_exposure

P1370295_exposure
必殺技のエフェクトもグラデが綺麗で出来いいです。
P1370298_exposure

P1370210_exposure
ただ構えるのとエフェクトがあるのでは大違いなのでこのオプションはかなり有り難いです。
P1370220_exposure

P1370286_exposure
近くにいた怪獣と対決。
P1370310_exposure
「ヘヤッ!」
P1370319_exposure
終わり。以上、ULTRA-ACT ウルトラマンのレビューでした。

イベントで見たマントを付けたサンプルが神々しくて印象的だったので購入してみました。
見た目が本当にウルトラマンそのままな感じで、必殺技のエフェクトなども面白く出来はなかなか良かったんですが、シリーズ第一弾ということもあってか、部分によって関節が柔らかかったりするなどまだちょっと不安定な部分もあったみたいです。
シリーズを集めていくかはまだ決めてないんですが、ゼットンやバルタン星人など初期の怪獣は好きなのが多いのでその辺が出たらまた買ってみようかなと思います。

S.H.Figuarts クウガ ライジングマイティ、ナスカ・ドーパント、スカルボイルダーなど(魂ウェブ商店)



ULTRA-ACT 初代ウルトラマンゴモラウルトラマンベリアル(あみあみ)