IMGP7299_exposure
聖闘士聖衣神話 クリュサオルクリシュナのレビューです。
IMGP7249_exposureIMGP7251_exposure
全身。第3素体なんですが、首延長パーツなどを使うせいかやけに長身に見えます。
IMGP7259_exposure
顔。マスクは直接顔に挟みこむという珍しい方式。
IMGP7271_exposure
鱗衣は特に特徴のないわりと地味なデザイン。
IMGP7236_exposure
マスク無し状態。
IMGP7283_exposure
ゴールデンランス。
IMGP7276_exposure
背中の光輪がかなり特徴的。
IMGP7166_exposure
オプション。ランスは3パーツ構成。首は長いのと短いのが付属。
IMGP7211_exposure
原作を再現できるように上半身は裸になってます。
IMGP7171_exposure
付属のスタンドパーツを使ってマハローシニーモードを再現できます。
IMGP7198_exposure
本来のスタンドのアームとで2重に固定するのでかなり安定して飾ることが出来ます。
IMGP7193_exposure
この状態で飾るのはちょっと勿体無い気もしますが、なかなか雰囲気出てていい感じです。
IMGP7159_exposureIMGP7160_exposure
素体。
IMGP7139_exposure
オブジェ。玩具という感じではなく普通に仏壇などに置いてそうなデザインです。
IMGP7143_exposureIMGP7144_exposure

IMGP7145_exposure
こちらもスタンドパーツで浮かせる方式。
IMGP7148_exposure
タナトスなんかもそうでしたがこういう形式のオブジェの顔はちょっと怖いです…
IMGP7286_exposure
ちょっとだけポーズ。
IMGP7317_exposure

IMGP7208_exposure
終わり。以上、聖闘士聖衣神話 クリュサオルクリシュナのレビューでした。

個人的に海将軍の中で一番正統派なイメージの人です。
首延長パーツのおかげで、スラッとした長身の体型が上手く再現されており素立ちさせるだけでもかなりのカッコよさでした。
また、素体の上半身が裸になってたり、マハローシニー用のスタンドが付属するなど、きっちり原作を再現できるように作られてるのも見事。
キャラ的にちょっと地味なのがあれですがなかなかオススメだと思います。