P00_1873
ROBOT魂 新星龍神丸 30周年特別記念版のレビューです。
P00_1794
全身。大半の部分は通常の新星龍神丸の流用ですがマスク部分や肩、股関節など一部が新規に。
P00_1796
これまでの30周年特別記念版と同じく白部分はパール色、他はメッキやメタリック塗装に変わってました。
P00_1808
顔。頭部はマスク部分が新規。額も金がメッキになり、またクリアの赤も内側がメッキになって高級感ある見た目に変化。
P00_1804P00_1803
新規造形のマスク部はダクト部分が広くなるなど通常版よりバランスが良くなってました。
P00_1813
各部位など。胴体の造形は以前と同じですが白がパール色になり質感は大きく変化。他もメッキやメタリック塗装に。
P00_1799P00_1800
腕や足。この辺も同様。青もパール色になって印象はかなり変わってました。
P00_1820
肩横の爪は可動する他、取り外しも可。
P00_1815
背中。
P00_1817
新星翼は上下に可動する他、基部も若干前後に可動。
P00_1952
関節は首、肩、股関節が新規に。首、腰共に広くスイングし肩も高く上げることが。肩はボールが小さくなり若干可動域が拡大。
P00_1951
股関節は大きく進化しており足が広く開くようになってました。肘や膝、足首は以前と変わらず。
P00_1782
オプション。
P00_1833
星龍剣。造形は同じですが刀身はメッキに変化。
P00_1826
通常の新星龍神丸と。ぱっと見は色の変化が目立ちますが頭部造形も以前より格好良くなってました。
P00_1946
頭部のみで。マスク部分が作り直され立体感が増しており、ダクト部の形も変わってバランスが良くなってました。
P00_1828
肩関節は剥き出しだった軸を隠すパーツが追加。腕との接続部のボールも小さくなり小回りが利くように。
P00_1981
股関節は以前は単純なボールジョイントでしたが今回は作りが変わって足をハの字に開けるように改良。
P00_1983
足の開き具合はこれくらいの差に。
P00_1974
適当に何枚か。
P00_1854
肩関節は元々良かったですが今回は更に改良されており背中の剣を掴む動きなども楽に再現可能。
P00_1863
抜刀。腰関節は以前と同じく引き出し式で前後にはよく動くものの横にはあまり回らず30度程度が限界。
P00_1873
首も同様で作り直されてはいるものの可動域自体は以前とそれほど変わらず。
P00_1885
スタンド穴も以前と同じで股間に直接開いてる方式。
P00_1887
龍雷拳の構え。
P00_1893
星龍剣の構え。肩は以前より内側へ曲げやすくなってるのでこちらのポーズは再現しやすくなってました。
P00_1902
斬り下ろし。股関節周りの可動が良くなったのでポージングもしやすくなってました。
P00_1918
終わり。以上、ROBOT魂 新星龍神丸 30周年特別記念版のレビューでした。

30周年特別記念版シリーズは2018年から龍神丸や龍王丸などが展開してましたが、2020年はワタル2から30周年ということでそちらの主役機である新星龍神丸も発売。
出来の方はただのカラバリかと思いきやマスク部分が作り直されて顔が以前より格好良くなっており、また肩や股関節なども改良されて可動域も大きく広がってるなどVer.1.5と言えるくらい進化した内容になってました。
パール色やメッキは人によって好みが分かれそうですが、そちらが気にならないのであれば、造形や可動に関しては確実に良くなってるのでなかなかオススメです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MASHIN> 龍星丸 30周年特別記念版などicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂〈SIDE MASHIN〉 新星龍神丸 30周年特別記念版【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】