ガンダムユニバース Ez8 レビュー
GUNDAM UNIVERSE Ez8のレビューです。
P00_4166P00_4167
全身。作りやサイズなどはこれまでと共通。腰部や四肢など一部アレンジされておりオリジナルとは少し異なる見た目に。
P00_4132
顔。Ez8特有の独特なデザインが違和感なく再現されており、目つきも鋭く顔立ちは格好良かったです。
P00_4130P00_4129
目や顎の塗り分けなども概ね綺麗。アンテナは軟質素材ではないので注意が必要。
P00_4135
各部位など。作りは過去のガンダムユニバースと共通ですが胴体が太めな点などEz8らしい体型はきっちり再現されてました。
P00_4136
腰回り。フロントアーマーなどはオリジナルとは少し異なる形状に。
P00_4124P00_4169
腕や足。この辺はかなりアレンジが加えられており特に腕部はオリジナルと大きく異なる形状に。脚部も膝装甲の形など変化。
P00_4140
背中。コンテナやパラシュートなどは付属せず。
P00_4117
オプション。
P00_4142P00_4144
フル装備状態。
P00_4147
100mmマシンガン。ギミックなどは特になし。射撃武器はこちら1つのみ。
P00_4148
シールド。
P00_4151
取り付けはシンプルなジョイント形式。
P00_4154
サイズは他のガンダムユニバースと同じ。胴体が太い点などは一応こだわって作られてる感じはあり。
P00_4163
ROBOT魂のグフカスタムとも。1/100に近いスケールなのでROBOT魂よりはかなり大きめ。
P00_4178
適当に何枚か。
P00_4187
関節の作りはシリーズ共通なので可動もこれまでと特に変わらず。
P00_4199
劇中やってた膝立ちなどは一応近い感じには出来るものの、そのままとはいかずやや不格好。
P00_4201
接地性はかなり高めで脚を大きく開いてもぴたっと接地。
P00_4213
滑り込みながら射撃。腰のスイング幅は狭めで左右に捻ったりもほとんど出来ず。
P00_4222
倍返しだあああああっ!
P00_4247
ビームサーベルを持って爆発の中をダッシュ。一応サーベルの両手持ちは可能。
P00_4255
腰は30度程しか回らないのでサーベルを振ったりする動きは苦手。
P00_4268
遠近法を利用して睨み合い。来年くらいにはこの2機のver. A.N.I.M.E.も出そうかも。
P00_4271
終わり。以上、GUNDAM UNIVERSE Ez8のレビューでした。

独自のアレンジが入ってたり手甲も色分けされてないなど作りが大味な所があるので好き嫌いは分かれそうですが、プロポーションや独特な機体色などは概ねイメージ通りでモールドなども細かくまずまずの出来でした。
可動なんかはこれまでと共通で最近のROBOT魂などに比べるといまいちで付属品も少ないですが、このシリーズは安い価格で大雑把に遊ぶみたいなのがコンセプトなので個人的には特に不満も無かったです。
ROBOT魂では一度も立体化されたことが無く、完成品自体が珍しいMSで価格もかなり安いので、手軽に遊べるEz8が欲しい人ならなかなかオススメです。

iconicon
ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ・ディバインなどicon(魂ウェブ商店)
GUNDAM UNIVERSE RX-79[G]Ez-8 GUNDAM Ez8【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】