メタルコンポジット スノーホワイトプレリュード レビュー
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュードのレビューです。
P00_8228
全身。本体造形は以前出たEW版と共通。カラーリングは白とグレー中心に変化。
P00_8229
後ろ。
P00_8243
顔。造形は変わってないですが赤や青などが無くなったことでかなりシンプルな印象に。
P00_8241P00_8240
目はいつも通りメタリック塗装。細かい塗り分けなども正確でした。
P00_8246
各部位など。胸部センサーはクリアパーツ。マーキングも細かく入っており精密な見た目に。
P00_8247
腰回り。
P00_8256
EW版同様マシンキャノンも展開可能。
P00_8235P00_8236
腕や足。以前同様パネルラインも塗り分けられてますが色の差が小さいので目立たなくなってました。
P00_8249
背中。
P00_8251
ウイングの展開ギミックなども変わらず。
P00_8253
内側のウイングも同様。
P00_8220
オプション。
P00_8218
新装備のノイエツバークとセラフィム、ジョイント各種。
P00_8225
台座と支柱。
P00_8224
バード形態用支柱や補助支柱など。
P00_8262P00_8263
ノイエツバークとセラフィムを装備した状態。この状態がスノーホワイトプレリュードとしての完成形。
P00_8270
基本形態ではこのセラフィムユニットは腰に装備。翼が更に増えたような見た目に。
P00_8271
裏側。ジョイントは中央のツバークホルダー左右にアームを付け各パーツを固定する仕様。角度や広げ具合などの調節も可。
P00_8285
ツインバスターライフル、シールド装備状態。
P00_8282
ツインバスターライフル。こちらの造形も特に変わらず。
P00_8281
分離出来るギミックなども同じ。
P00_8287
シールド。こちらも同様。
P00_8288
裏側。
P00_8279
ジョイントを使うことでバックに取り付けることも可。
P00_8291
ドライツバークグリップ。こちらもEW版付属の物と共通。
P00_8308
ノイエツバーク。こちらは今回からの新武器。グリップを起こして単体で持つことも可能。
P00_8309
ドライツバークグリップに3挺付けた状態。EW版同様手首を固定するライフルジョイントも付属。
P00_8316
ツインバスターライフルに6挺付けた状態。この形態はドッペルトと呼ぶとか。
P00_8312
シールドに6挺付けたシールドツバーク。
P00_8313
裏側。6挺合体形態は肩が負けるので上手く角度が合うかどこかに引っ掛けるなりしないと保持は厳しかったです。
P00_8232
アームを外したツバークホルダーにノイエツバークやドライツバークグリップを取り付けることも可能でした。
P00_8295P00_8296
続いてZEROモード。こちらはEW版同様各部の装甲が開いた状態。
P00_8304
以前と同じく側頭部のパーツのみ差し替えで他はそのまま展開可能。
P00_8305
下半身も特に変わりなかったです。
P00_8318
続いてモードロンド。こちらは通常時は腰裏にあったセラフィムユニットを前面に展開した状態。
P00_8319
後ろ。体を覆うという意味では大気圏突入モードにやや近い形態。
P00_8321
横から。
P00_8355P00_8356
続いてモードアンセム。こちらはセラフィムユニットを翼の上に展開させた状態。
P00_8361
翼が大きく広がった形になっており今回の中で一番派手な見た目。ウイングやノイエツバークの広げ方は調節可能。
P00_8362
裏側。左右のユニットは補助支柱で固定。一応なくても固定は出来ますがアームの保持力的に不安定でした。
P00_8367
補助支柱を使う場合はスタンド支柱上部に補助支柱基部を取り付け、そこに補助支柱を差し込み。
P00_8366
補助支柱先端にアームサポートを取り付け、それをユニットのアームの穴に差し込んで固定。
P00_8551
続いてネオバード形態。本体は共通なのでこちらへの変形も可。
P00_8546
セラフィムユニットが追加されたことでEW版より更に派手な見た目に。
P00_8552
横から。台座はバード形態専用の物に組み替え。
P00_8599
裏側。
P00_8260
本体のみでEW版と。目立つ赤と青がなくなってるので色だけ見るとちょっと地味な印象に。
P00_8573
適当に何枚か。
P00_8556
ネオバード形態から。個人的にはこちらで飾ることは無いですがシルエットなど違和感なくてなかなか格好良かったです。
P00_8444
MS形態に変形。
P00_8532
シールドツバーク。見ての通りパーツ数が非常に多いので1ポーズ作るのにかなり手間がかかる感じでした。
P00_8458
ツインバスターライフル構え。
P00_8510
バスターライフルにノイエツバークを6挺付けてドッペルト。かなり重いですがライフルジョイントを使えば保持は可能。
P00_8541
ドライツバーク両手装備。こういう構え方だとライフルジョイントを使っても肩が負けるので補助支柱で支え。
P00_8386
モードアンセム。
P00_8421
今回の中でも特に派手なディスプレイとなる形態。面倒ですが一度固定すれば姿勢は安定してました。
P00_8345
モードロンド。
P00_8338
こちらは見た目通り防御重視の形態だとか。
P00_8349
セラフィムユニットの位置をずらせばこの状態でも動きをつけることは可能。
P00_8439
終わり。以上、GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュードのレビューでした。

新装備のセラフィムユニット以外に関してはEW版と共通なので、本体の可動やギミックなど基本的な出来についてはそちらと変わりなし。
元々装甲の展開や変形などギミックがかなり多かったのに加え、新装備のセラフィムユニットも複雑なモードチェンジや武器との合体などギミックだらけなので、一通り遊ぶにもかなり手間がかかる感じでしたが、翼の角度などがきっちり決まると他に類を見ないような派手さがあって格好良かったです。
EW版も今回のスノーホワイトプレリュードも相当売れたみたいなので、これで終わりとはならなそうな気もしますが、またウイングの別形態を出すのかデスサイズなど他のMSへ行くのかも気になるところです。

iconicon
METAL BUILD ソードストライカーなどicon(魂ウェブ商店)
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】