ROBOT魂 ドムトローペン レビュー
ROBOT魂 ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.のレビューです。
P00_4983P00_4984
全身。ドムのバリエーションということでどっしりした体型などは共通。0083MSらしく精密感の増したデザインに。
P00_4997
顔。三角型のシルエットは通常ドムと同じ。モノアイレールがシャープになり通常ドムより引き締まった顔立ちに。
P00_4993P00_4991
モノアイはメタリック塗装でいつも通り可動式。
P00_4998
カバーを外した状態。ボールジョイントなので上方向にも可動。
P00_5002
各部位など。体型は通常ドム同様かなりごつめ。0083MSらしく1年戦争MSよりディテールアップした見た目に。
P00_5003
腰回り。
P00_4987P00_4988
腕や足。肩は通常より複雑なデザインに。脚部が太いのは同じですが防塵フィルターが追加され軽量化はされているとか。
P00_5007
背中。バックパック右側にはヒートサーベルを装備。
P00_5009
可動は首腰共に大きくスイング可能で肩も引き出し式で高く上げることが。肘は120度、膝は100度ほど可動。
P00_5012
股関節も引き出し式で前後横に広く開き接地性も高かったです。ただ腰の回転は干渉があるので僅かのみ。
P00_4971
オプション。
P00_5016
バズーカやマシンガンを装備した状態。
P00_5018
後ろ。
P00_5028
ラケーテン・バズ。一番大型の武器で防盾も付いてるなどデザインも独特。
P00_5029
反対側。後部のマガジンは着脱可能で予備も付属。
P00_5034
フロントアーマーなどに取り付けることが可能。
P00_5182
防盾部分にもグリップがあり両手で持つことも可能でした。
P00_5047
MMP-80マシンガン。こちらもマガジンは着脱可能。
P00_5042
ジョイントを使って腰裏にマウントすることも可。
P00_5033
マウント用のマシンガンマガジンも付属。
P00_5052
またザク・バズーカ予備砲弾ケースも付いてました。
P00_5044
シュツルム・ファウスト。こちらはホルダーを使って腰に装備。ホルダーは4つ付属し上用と下用で別造形になってました。
P00_5038
いつも通りエフェクトは互換性がありバズーカにはシャアザクのエフェクトやアレックスのバーニアエフェクトを取り付け可。
P00_5048
マシンガンもシャアザクのマシンガンエフェクトを取り付け可能。
P00_5054
バーニアエフェクトは上と同じくアレックスの物を取り付け可能でした。
P00_5025
通常ドムと。大まかなシルエットは似てますがデザインは大きく変わっておりサイズも少し小さめに。
P00_5067
適当に何枚か。
P00_5071
いつも通り股関節は引き出し式で見た目以上に動くので足が太くても柔軟に動きをつけることが可能。
P00_5085
バズーカ発射。砂埃エフェクトはザメルの物を使用。
P00_5128
マシンガン装備。
P00_5132
シュツルムファウスト。
P00_5215
関節もいつも通りどこも硬めでした。
P00_5152
ヒートサーベル抜刀。
P00_5154
連邦に降ったのか…その姿は忍びん。
P00_5169
絡ませる相手としては連邦仕様のザクやパワードジムが最適ですがまだ出てないのでGP01と。
P00_5217
GP02とも。ドムトローペンは量産機ながら出番が多く味方機撃墜シーンもあるので結構記憶に残る印象。
P00_5188
ザクにやってた突き。個体差か仕様なのかヒートサーベルは若干反り気味でした。
P00_5196
GP02、ザメルとの1枚で終わり。以上、ROBOT魂 ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.のレビューでした。

ver. A.N.I.M.E.らしい安定した作りでプロポーションや色などは劇中のイメージ通り、0083MSらしい精密感のあるディテールも違和感なく再現されててよく出来てました。
可動もいつも通り引き出し関節の多用などによりどこも良好で、劇中出てきた武装も全て付属するなどプレイバリューも高く内容的にも申し分なかったです。
流石にすぐ高額なプレミア付いたりすることはなさそうですが、予約初期段階からわりと品薄気味だったので迷ってる人は早めに買っておいた方が良いかもしれません。

iconicon
ROBOT魂 (Ka signature) <SIDE MS> ZZガンダムなどicon(魂ウェブ商店)
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.【楽天】【Yahoo!】【駿河屋】